安心で安全なインプラント治療を行います。インプラント治療なら兵庫県川西市の「市川歯科医院」

市川歯科ではインプラント治療を行っております

失った歯を補う
インプラント治療


CT撮影を用いた精密審美を実施

川西市の歯科医院「市川歯科医院」では、失った歯を補う治療法としてインプラント治療を実施しています。

入れ歯でお困りの方、虫歯や歯周病、事故などで歯を失いそのままにしている方は当院へご相談ください。

副院長の市川雄一がインプラント治療を担当いたします。

インプラントとは


CT撮影を用いた精密審美を実施

インプラント治療とは、歯を失ったところに人工歯根(インプラント)を埋め込み、機能と審美の回復を図る治療法です。あごの骨と人工歯根をしっかり結合させるため、自然の歯のような咬み心地が実現します。

川西市の市川歯科のインプラント治療とは

インプラントのメリット


歯の大切さは体の健康と同じく、失ってから気づくものです。

また、失った歯を補うためには周りの歯に負担をかけることとなるため、一本の歯の喪失が複数本の歯の喪失に連鎖してしまいます。

インプラント治療は、周りの歯への負担を最小限に抑えて失われた歯を補う、最善の方法と言えます。

インプラント治療はしっかり咬める

しっかり嚙める

顎の骨としっかり結合するため、入れ歯のようにずれることはありません。自分の歯のように自然な咬み心地が実現します。

インプラントは耐久性が高い

天然の歯のような見た目を回復できる

入れ歯のように周りの歯に金具をかける必要もなく、審美的にも優れています。

インプラント治療をすれば会話しやすい

会話しやすい

取り外しの必要な入れ歯は、ずれたり外れたり厚みがでたりして、発音にも支障をきたしやすいです。インプラントは固定式で異物感が少ないため自然な発音ができます。

インプラント治療は周りの歯への負担が軽減できる

周りの歯への負担が軽減できる

入れ歯やブリッジの場合、周囲の歯を削るなどの負担をかけてしまいます。一方、インプラントは他の歯への悪影響はあまりありません。

インプラントのデメリット


保険適応外のため
費用負担が大きくなる

インプラントは優れた治療法ではありますが、衛生管理された手術環境や高度な治療技術、高価な器具、材料を必要とするため、保険治療に比べて高額になります。

外科手術が必要となる


顎の骨に人工の歯根を埋めこむため、外科手術が必要です。そのため、全身状態によっては治療の適応が困難となる場合があります。

最終的な被せ物が入るまでの治療期間が長くなる

埋め込んだインプラントの土台が骨としっかりくっつまでに最低でも3ヵ月はかかるとされています。そのため、インプラントを長期的に機能させるにはしっかりと待つことも大切です。

上記のデメリットをクリアできれば、患者様の日々の生活やお口の健康にもたらすメリットは大変大きなものです。

もちろん、ブリッジや入れ歯のほうが患者様のお口の状態やニーズに合うことはございますので、お一人お一人に合った治療方法をしっかりご相談し、最適な治療方法をご提案いたします。

インプラントとその他の治療の比較


メリット デメリット
インプラント 失った歯の両隣の歯を削る必要がない
自分の歯のように咬める
保険適用外のため費用が高額になる
外科手術が必要
治療期間が長くなる
ブリッジ 保険適用可能
入れ歯と比べると咬みやすい
汚れやすい
両脇の歯を削らなくてはいけない
噛む度に両隣の歯に負担がかかる
失った歯の場所や本数によってはブリッジができないこともある
入れ歯 保険適用可能
いろいろな欠損に対応できる
異物感がある
硬い物が咬みにくい
食事中に物がはさまりやすい

当院へ初診する前にお口に関する相談をされたい方は…


歯科相談フォームはこちら