お子様の歯並びや虫歯治療など小児歯科ならお任せ下さい 兵庫県川西市の「市川歯科医院」

将来の歯並びのことまで考えての治療を


子供の矯正

お子様の乳歯は、一生のうちで考えると生えている期間は短いといえます。しかし、乳歯には永久歯への正しい生え替わりをサポートするという大事な役割があり、小さいころからお口のケアをきちんと行っていくことが大切です。

川西市の歯科「市川歯科医院」では、歯が生えたときから永久歯に生え替わるころまでのお子様の虫歯治療や予防、また正しい生え替わりのサポートなどを行っています。歯並びに関しては小児矯正も行っておりますので、お気軽にご相談下さい。

将来の歯並びを考えて


川西市の市川歯科はお子様の将来の歯並びを考えてます

乳歯はいずれ永久歯に生え替わる歯ですが、だからといって小児歯科では、虫歯になった乳歯をすぐに抜いてしまうようなことはしていません。なぜなら、歯がなくなったスペースに隣の歯が移動するなどして歯並びが乱れ、それが永久歯の歯並びにも影響してしまうからです。

川西市の歯科「市川歯科医院」の小児歯科では今の症状だけでなく、将来生えてくる永久歯の歯並びのことまでふまえて治療を行っています。

また、正しいブラッシング方法の指導や生活習慣の改善提案によって、大人になってからも歯の問題で困らないよう長い目で見た診療をご提供します。

お子様は歯のケアを一人では十分に出来ません。親御様も一緒に、大切なお子様のお口の健康を守っていきましょう。

小児の処置について


出っ歯(上顎前突)

フッ素塗布

フッ素を歯の表面に塗布すると、歯質が強くなり虫歯菌が出す酸に対する抵抗力を高める効果があります。普段のブラッシングが重要です。

反対咬合

ブラッシング指導(TBI)

虫歯予防の基本は毎日のブラッシングですが、自己流のみがき方では汚れをキレイに取り除くことができません。当院では、一人ひとりのお子様の成長段階やお口の状態に合った、正しいブラッシング方法を指導します。また親御様には、仕上げみがきのポイントをお教えします。

開咬(かいこう)

シーラント

生えたての歯の溝は深いためむし歯菌が溜まりやすく、むし歯の好発部位となります。そこで、歯の溝を埋めることで汚れが溜まりにくくなり、むし歯予防に効果的です。

食習慣の改善指導

虫歯のできやすさには、生まれつきの歯や唾液の質、歯磨き習慣も影響していますが、食習慣も大きく関係しています。

当院ではお子様のむし歯予防のために、以下の食習慣を身につけることをご提案しています。

小さいころに身についた食習慣は、大人になってからも継続しやすいため、乳歯にむし歯が多いお子様は永久歯に生え変わってもむし歯や歯周病で苦労することが多いのです。

生涯のお口の健康づくりを小児期の食習慣からも見直してみましょう。

  • ダラダラ喰いをやめる
  • ダラダラ喰いは、お口の中を常に汚れた状態にします。食べる時間を決めて、食事やおやつを与えるようにしましょう。
  • 糖分は控え目に
  • 糖分はむし歯菌の餌となり歯を溶かす酸を作り出す元となります。
  • 糖分が多く含まれるおやつは控えめにしましょう。
  • 歯にやさしい食べものを選ぶ
  • 最近では、むし歯菌の餌にならない甘味料(キシリトールなど)を使ったおやつも増えています。意識して取り入れると良いでしょう。
  • 食後にはブラッシングを
  • 食後にはできるだけブラッシングをし、お口の中を清潔にしましょう。ブラッシングが難しければ、うがいだけでもするといいでしょう。

当院へ初診する前にお口に関する相談をされたい方は…


歯科相談フォームはこちら