歯肉炎や歯周病治療は早めの治療が肝心です!歯ぐきが腫れている膿が出るなどの症状の方は 兵庫県川西市の「市川歯科医院」へお越し下さい

歯周病は
「顎の骨が溶ける病気」


歯周病と聞くと、「歯ぐきが腫れる病気」や「歯ぐきがやせる病気」と"歯ぐきの病気"というイメージが強いようです。

それは無理もないことで、歯周病の初期症状は「歯ぐきが赤く腫れている」「歯みがき中に歯ぐきから出血する」など、外から見える歯ぐきに現れます。

しかし、この歯ぐきの炎症を放置していると、歯ぐきに被われた顎の骨に炎症がおよび、溶けていきます。しまいには骨の支えを失った歯はグラグラして抜け落ちてしまうのです。

歯周病が厄介で恐ろしい病気なのは、骨が溶けても歯ぐきに被われていて外から見えませんし、静かに時間をかけて進行し、症状を自覚するころには重症化していることがほとんどだからです。

歯ぐきの病気であることも間違いありませんが、"顎の骨が溶ける病気"であることを知って頂くことがとても大切です。

一度溶けた骨を再生させることは困難となり、治療期間や費用負担も増えてしまいます。

ガンは自覚症状が出るころにはかなり進行してしまっていることが多く、早期発見のためにもガン検診を受けることの重要性は広く知られています。

歯周病も「早期発見・早期治療」が最も効果的なのは同様で、定期的な歯科検診で早期発見や予防治療に努めることが大切です。

審美治療前

健康な顎骨:
歯石の付着はなく歯の根はしっかりと
顎骨に支えられています。

審美治療

歯周病の進行した顎骨:
歯石が大量に付着しています。
歯がグラグラするのは顎骨が溶けているためです。

歯周病は「感染症」


現在、成人の約80%以上が歯周病にかかっていると言われています。

歯周病は加齢にともない発症、また進行することが多いせいか、原因は老化にあり、防ぎようがないと思われている方も多いようです。

しかし、歯周病は老化によるものではなく、むし歯と同様に細菌なしには起こりえない「感染症」なのです。

すなわち、細菌の塊である歯垢や歯石をためない、増やさないことが最も重要になります。

健康なお口

健康なお口

歯周病に感染したお口歯周病菌が大量に繁殖しています

歯周病に感染したお口歯周病菌が
大量に繁殖しています

歯周病の治療の流れ


当院では初診の患者様には、まずお口の中の検査・診断を行い、現状の把握をした上で、患者様それぞれのお口の中の状態説明、それに合わせた歯周病治療を含めた総合的な治療についてご提案いたします。

検査の段階ですでに歯周病が進行してしまっている場合には、日常的な歯磨きや予防プランだけでの改善には限界があります。その場合には、歯周外科治療(歯周病の手術)・歯周組織の再生療法(エムドゲインなど)により歯周病の治療を行う必要があります。

歯周病は「感染症」

① 歯周病の基本的な治療

<ブラッシング指導>

歯磨きの方法にはさまざまな種類があり、歯の位置や年齢などに合わせて磨き方を使い分けていく必要があります。

当院では、歯科衛生士によるブラッシング指導を行っております。歯並びによって磨き方も変わりますので、自分に合ったブラッシングを正確に出来る様、指導致します。

<スケーリング・ルートプレーニング>

ブラッシングでは取り除けない歯石を手用器具や超音波機器を用いて取り除きます。

審美治療前

治療前

審美治療

治療後

② 歯周外科治療

進行した歯周病では、日常のホームケアでもその進行を防ぐことができませんし、歯周ポケットの深い部分での歯石や細菌叢は歯周病の基本的な治療では取り除くことができません。

そこで歯周外科治療にて、歯に付着している歯石や細菌巣、炎症を起こしている歯肉を徹底的に取り除きます。それによって深い歯周ポケットをなくし、歯を支えている骨や歯肉を健康な状態に改善できます。

③歯周組織再生療法

再生療法とは、歯周病によって失われた歯の周りの骨・歯肉を再生させる治療です。

現在再生療法には、エムドゲイン治療(特殊なタンパク質を応用した歯周組織再生療法)や、それと併用して行う骨移植などがあります。

④ 定期検診

適切にセルフケアを行っていても、どうしても磨き残しはできるものです。

磨き残した歯垢が歯石になって沈着し、悪影響を及ぼし始める期間は約3か月と言われています。そのため3か月(よほど状態の良い方でも半年に一度)ごとにお口のクリーニングを行うことは歯周病の予防にもっとも効果的です。

予防歯科について詳しくはこちら

当院へ初診する前にお口に関する相談をされたい方は…


歯科相談フォームはこちら